FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

カテゴリ:・2018春期ドラマ紹介 の記事リスト(エントリー順)

2018年春、水曜ドラマ『正義のセ』

kage

2018/06/13 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月11日スタート(初回10分拡大) 

日本テレビ系 毎週水曜 22:00~23:00

 正義のセ

Arika注目1h阿川佐和子の小説を吉高由里子主演で実写化! 

大杉漣の代役は寺脇康文!


「東京タラレバ娘」の吉高由里子が、うっとおしいほど正義感の強いユウズウキカンチンな検事になって事件を解決する奮闘劇です。

正義の「セ」マークが流行るのかにも注目ですね。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:阿川佐和子「正義のセ」(角川文庫)
脚本:松田裕子
演出:南雲聖一、明石広人、岩崎マリエ
プロデューサー:西憲彦、加藤正俊、鈴木香織

主題歌:失敗学/福山雅治

E13-b043.gif
外部サイト:正義のセ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
横浜地検・港南支部
梅宮譲【横浜地検港南支部長】 /大杉漣→【代役】寺脇康文
横浜地検港南支部を取り仕切る支部長。出世コースからは外れ普段はのんびりしてるように見えるが、実は部下からの人望は厚い頼れる上司。
📝大杉漣さんの代役として、急遽「正義のセ」に出演することが決まりました。

竹村凜々子【検事】 /吉高由里子
横浜地検港南支部に勤める2年目の検事。正義感が強く真っすぐで、納得するまで決して諦めない性格の持ち主。感情が豊かで頑固でもあるため、すぐにカッとしてしまい、取り調べに失敗してしまうことも多々ある。

相原勉 【事務官】/安田顕
凜々子のサポートをする担当検察事務官。特に目立ったところのない地味な男。普段は冷静に、淡々と凜々子と接しているが、破天荒に突っ走る凜々子に振り回されることも多く、ついついお小言を言ってしまうことも。

大塚仁志 【検事】/三浦翔平
凜々子と同じ支部に所属する2年先輩の検事。自他ともに認める港南支部のエース。自分にも他人にも厳しいストイックな性格で、まだまだ検事として未熟で暴走しがちな凜々子には何かと厳しい態度を取る。

木村秀樹【事務官】/平埜生成
大塚の担当検察事務官。港南支部の最年少で、今どきの若者らしい安定志向。
📝原作では新人検察官の凜々子をサポートする白髪頭のベテラン検事でした。

徳永太一【検事】/塚地武雅
検事。関西人で朗らかな性格。仏の様な微笑みで、被疑者の供述を引き出す。
📝原作を読みましたが、登場してなかったので、ドラマのオリジナルキャラクターだと思われます。

榎戸修【事務官】/夙川アトム
徳永の担当検察事務官。要領が良く、面倒なことはしたくない性格。凜々子を優しく支える。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

竹村豆腐店(凜々子の実家)
竹村温子 /広瀬アリス
凜々子の6つ下の妹。家族からはハルちゃんと呼ばれている。元気が良く、卵が大好き。実家の豆腐屋を手伝っている。ふんわりとした性格で、凜々子の事件のことなど、何かと相談された時などは、的確にアドバイスする鋭さも持ち合わせている。

竹村浩市 /生瀬勝久
凜々子の父で竹村豆腐店の店主。典型的な江戸っ子で義理人情に厚く、涙もろい。豆腐屋を継ぐ前は会社員をしていたこともある。年頃を迎えた娘の恋愛・結婚事情が気になっている。

竹村芳子/宮崎美子
凜々子の母。浩一と一緒に豆腐屋を切り盛りする。明るく前向き、多少のことは気にしないから大らかな性格で、竹村家を支えている。

竹村菊江… 凜々子の祖母。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中牟田優希[凜々子の恋人]/大野拓朗
航空会社の国際営業部に勤務する凜々子の彼氏。凜々子とは4年付き合っている。

笹原順子… 検事で、凜々子の同期。
高知のテレビ局を辞めて司法試験に合格し、大阪地検に配属される。姉御肌でスナックのママのような格好をするなど、服のセンスはイマイチ。

柴口朋美… 検事で、凜々子の同期。
早稲田大学出身で、ショートヘアでくせ毛が特徴。食いしん坊で食べることに目がない。

神蔵守… 横浜地検で働く検事。
凜々子のことが大好きで相手にされなくても折れない心でアタックし続ける。性格はナルシストでお調子者。

小林明日香… 凜々子の小学校時代からの友達。大和新聞で働く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
吉高由里子演じる新人検事が仕事に恋に突き進む、痛快お仕事ドラマ! 
ベストセラー「聞く力」などで知られる阿川佐和子の同名小説を連続ドラマ化。下町の豆腐屋に生まれ、曲がったことが大嫌いな主人公の新人検事・竹村凜々子を吉高由里子が演じる。

検察庁を舞台に、凜々子が不器用ながらも真っすぐに仕事に突き進み、時には恋にも奔走しながら、人間として、そして女性として成長を遂げていく痛快お仕事ドラマ。検事として悩み苦しみながらも、決してくじけず事件と向き合い、幸せを諦めない凜々子の姿を通して、女性たちに明日への活力をおくる。脚本は「花咲舞が黙ってない」「東京タラレバ娘」(ともに日本テレビ系)などを手掛けたヒットメーカーの松田裕子が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ【正義のセ】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
「正義のセ」の注目して見てもらいたいポイントを紹介!

☑見どころ :原作は阿川佐和子の人気小説!

正義のセ  ユウズウキカンチンで何が悪い! (角川文庫)

原作は、阿川佐和子の人気シリーズ小説「正義のセ」。

現在4冊も出ているところからも人気っぷりが分かります。

ドラマ陸王では、社長と対立することもあったけど、常に支える社員の正岡あけみを見事に演じた阿川さんは記憶に新しいですし、女優やTVタックルの司会という印象が強かったのですが、数々の賞を受賞するほどの小説家としてのお顔をお持ちなんです!


☑見どころ: 東京タラレバ娘のスタッフが再集結
「正義のセ」は2017年1月に放送されたドラマ「東京タラレバ娘」のスタッフが再集結して作られます!

主演の吉高由里子さんも東京タラレバ娘に続き、同じく主演ということなので、馴染みのスタッフさんに囲まれて作れるということなので「正義のセ」は、東京タラレバ娘を超えてくる面白さが期待されます!

また面白いのが、「東京タラレバ娘」のTwitterアカウントをそのまま引き継いで、「正義のセ」が使っていくというのも愛を感じます!

また、原作通りなら、凜々子と仲の良い同期の女性検事が2人いるので、東京タラレバ娘の時のように、榮倉奈々さんと大島優子さんをキャストにして再び3人娘が集結してくれたら面白いな。


☑見どころ :主題歌は福山雅治の「失敗学」
ドラマの出来を左右すると言ってもいいほど重要な主題歌は、福山雅治さんが歌うことが決定しました!

曲のタイトルは「失敗学」

失敗しても立ち上がる凜々子が目に浮かぶようなタイトルですが、福山雅治さんのコメントにもそのようなことが書かれていました。

”勇敢な凜々子を見ていて浮かんだエール(応援)は「失敗する人が成功する」と言う言葉です。
凜々子の不器用な背中を少しだけ後押しながら、彼女と共に少しでも前に進んで行けるような楽曲になれたらとの思いで描きました。”


まだ曲やMVは公開されていませんが、PRスポット動画で少し聞けます!


☑見どころ :大杉漣さんの代役は寺脇康文
私の大好きな俳優さんの1人でもある大杉漣さんですが残念なことに、2018年2月21日に急性心不全により66歳で亡くなりました。北野武監督による『ソナチネ』に出演し注目を集めるたあとは、『HANA-BI』『僕の生きる道』『銭の戦争』など数々のドラマや映画でご活躍されました。突然のことにショックが大きいです。大杉漣さんといえば草彅剛さんとドラマで共演することが多く、【僕の生きる道】シリーズが大好きでした。また大杉漣さんが亡くなられた次の日に放送されたぐるナイ「ゴチ」では、司会の羽鳥さんが湿っぽくするのは漣さんが喜ばないからと明るく番組をスタートさせようとしていたのですが、目に大粒の涙を溜められていて、もらい泣きしたのを思い出します。御冥福をお祈り致します。

大杉漣さんが演じる予定だった、梅宮譲役は寺脇康文さんが代役として演じることになりました。

寺脇康文さんの大杉漣さんへのコメントがこちら。

”大杉漣さんの突然の訃報、本当に驚きました。
漣さんとは何度か、ドラマでご一緒しました。
本当に演技に対して真摯で、それ以上に、お人柄が本当に器の大きな大好きな先輩でした。
漣さんの代わりには到底及びませんが、心を込めて務めさせていただきます。”


寺脇康文さんに大杉漣さんと感じながら見させてもらおうと思います。



2018年春、水曜ドラマ『特捜9』

kage

2018/06/13 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月11日スタート 

テレビ朝日系 毎週水曜 21:00~21:54

 特捜9

Arika注目1h9係がイノッチ主演×新班長・寺尾聡でリューアル!

故・渡瀬恒彦さん主演の人気シリーズ「警視庁捜査一課9係」が新ドラマ「特捜9」となって生まれ変わります! 

9係ファンには嬉しいニュースですね!

イノッチをはじめとする9係メンバーが新部署「特別捜査班」に再集結! 新班長には、2017年「陸王」でもシブい演技で魅せてくれた寺尾聰を迎えます。

新班長・宗方(寺尾聰)は娘と2人暮らしなのでなんと9時-5時勤務!

クセが強すぎる元9係のメンバーたちをイノッチと寺尾聰がどうまとめていくのか、楽しみです!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:深沢正樹 岡崎由紀子 真部千晶 瀧川晃代 徳永富彦 ほか
音楽:吉川清之
監督:杉村六郎 新村良二 長谷川康 吉田啓一郎 ほか
ゼネラルプロデューサー:大川武宏(テレビ朝日)
プロデューサー:神田エミイ亜希子(テレビ朝日)金丸哲也・小髙史織(東映)
制作:テレビ朝日、東映

主題歌:Crazy Rays/V6

E13-b043.gif
外部サイト:特捜9

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁幹部
神田川 宗次朗/里見浩太朗
警視総監。
免罪と警察の隠蔽体質を誰よりも嫌い、元警察庁の首席監察官で現法務大臣の高森を危険人物と感じている。倫太郎がテロ対策室に出向になり、解散の憂き目に遭った9係を高く評価していて特別捜査班として再結集を宗方朔太郎に託す。

応援

警視庁刑事部・特別捜査班
浅輪直樹【主任】/井ノ原快彦
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
新班長・宗方から最初に召集。
正義感が人一倍強い性格。
加納倫太郎の娘・石川倫子と結婚。
┣新班長・宗方から最初に召集された特捜班のメンバー。正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌いな性格の持ち主。頭の良さや運動能力に関しては二十代で捜査一課に抜擢されただけのことはある。倫太郎の娘の、恋人・倫子とついに結婚。


小宮山志保 /羽田美智子
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
仕事に生きてきたが、ついに結婚も視野?
頼りになる女性としての一面も健在。捜査では手腕も発揮していく。
┣仕事に生きる女として覚悟を決めていたが、直樹からの特捜メンバー召集の連絡にこれまでとは異なる反応を見せるなど、ついに結婚も視野に入れている様子。一方で、頼りになる女性としての一面も健在。捜査では手腕も発揮していく。

村瀬健吾 /津田寛治
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入る。自己の能力はキャリア以上と自信を持つ。
頭の回転がよく、品行方正のそつのなさを誇る。
┣大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信過剰な男。実際、頭の回転はよく、品行方正で、何をやってもそつのないエリート刑事で、出世しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。

青柳靖 /吹越満
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
反骨精神の塊。金持が大嫌いな皮肉屋。
恋人の垣内妙子と同居している(暴力団から青柳が救出した)
•妙子との関係をよく思わない警察に葛藤し辞職。無職となったが、再び戻る。
┣反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。同居中の恋人・垣内妙子は、暴力団から青柳が救出した。それゆえに反社会勢力の事件には過剰反応する。妙子との関係を良く思わない警察組織の中で、刑事という職業を巡り葛藤。辞表を提出し無職となっていたが、再び刑事の道に戻る決心をする。

矢沢英明 /田口浩正
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
大らかな心で、変人・青柳の相棒。聞き役やサンドバック、時には厳しく叱る
妻の矢沢早苗は売れっ子の漫画家。
退職した青柳を特捜班に勧誘。
┣持ち前の大らかな心で、変人・青柳を受け止めて、聞き役やサンドバックに徹することもできれば、時には厳しくしかることもできる優れた相棒。妻の早苗は売れっ子の漫画家。今回も退職した青柳を相棒として、直樹と共に特捜班に勧誘する。

D01-c008.gif新藤亮/山田裕貴
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級は巡査。
新たな特捜班に加入する元新宿中央警察署の若手刑事。
積極的で実直ではあるが、その一方でゆとり世代的な若者気質の持ち主。
そんな性格から、時に軽々しい発言をしてしまい、直樹に怒られたり、特捜班のメンバーとも衝突したりすることも?

D01-c008.gif宗方朔太郎【捜査班長】 /寺尾聰
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。特捜の班長(警視総監・神田川から直々に任命)。階級・警部。元人事課職員。
かつて監察官補佐として警察内部の事件に関わっていた。
5年前のとある事件をきっかけに2歳の桜庭琴美を引き取り、退職。
妻は他界し一人で琴美を育てているため「9時5時勤務」が復帰条件だった。
┣神田川警視総監から直々に特別捜査班班長に任命された元人事課職員。かつて監察官の補佐として警察内部の事件に関わっていたが、5年前のある事件をきっかけに2歳の桜庭琴美を引き取り退職。妻と共に琴美を育てていたが、その妻が他界。現在1人で琴美を育てている。「子育て優先の9時5時」が復帰の条件。一風変わった謎の多い男。


東京都監察医務院
早瀬川真澄 /原沙知絵
東京都監察医務院に勤務する監察医。
元々、大学の法医学研究室の法医学者。
転職動機はどうやら近親者の不審死らしいが、詳細不明。
志保とは仲が良い。
┣事件遺体に関する臨床例を求めて大学の法医学研究室から転職した法医学者。その動機はどうやら近親者の不審死らしいが、詳細は明かされていない。遺体に関する徹底的なプロフェッショナル。女同士、そして友達がいない者同士、志保とは仲が良い。

警視庁刑事部鑑識課
猪狩 哲治/伊東四朗
警視庁鑑識員。小宮山志保が所轄に配属していた時に同じ所轄の鑑識だった。S.3第7話で小宮山と再会→事件を解決した後に定年退職→嫁いだ娘の住むスペインのバルセロナへ移住→その後帰国し、鑑識の腕を買われ再雇用(S.10第3話より)、現役として活動している。口数の少ない職人肌の仕事人だが、懐の深い頼り甲斐のあるベテラン。彼の心ある一言が事件解決のヒントになるもとも。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

浅輪倫子 /中越典子
パティシエールとして活躍中。倫太郎の娘。
直樹と出会い、好感を持つ。
しかし亡き母を苦しめた父・倫太郎を恨むため、警察官が大嫌いだった。
直樹とは今回めでたく結婚し、新婚生活をおくっている。
┣直樹と出会い好感を持つが、亡き母を苦しめた父・倫太郎を恨むが故に、警察官が大嫌いだった。直樹とは紆余曲折あったが、めでたく結婚。新婚生活を謳歌している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
井ノ原快彦主演で「9係」から「特捜9」へ! さらなる魅力を加えて“新時代”を築く! 
2006年4月にスタートし“9係”の愛称で幅広い層に愛された本格刑事ドラマ「警視庁捜査一課9係」がリニューアル。9係解散から1年後、元メンバーが新部署「特別捜査班」のメンバー“特捜9”として再集結する。主人公は井ノ原快彦演じる浅輪直樹となり、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、原沙知絵、中越典子らおなじみのメンバーの続投はもちろん、特捜班をまとめる新班長・宗方朔太郎に寺尾聰が扮し、新たな部署で再び難事件に立ち向かう。「9係」で創出したバリエーションある難事件と、それに付随する人間ドラマを描き出す伝統は同作でも継承。さらに新たな魅力を加えて新しい時代を築く。


2018年春、火曜ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

kage

2018/06/12 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★4月10日スタート 

カンテレ、フジテレビ系全国ネット 毎週火曜 21:00~21:54

 シグナル 長期未解決事件捜査班

Arika注目1h坂口健太郎が連ドラ初主演で韓国の大ヒットドラマのリメイク!

主演は坂口健太郎、2016年に放送された韓国ドラマのリメイク作品です。

主なストーリーは現在の刑事と過去の刑事が1台の無線機を通じて交信し協力して未解決事件を捜査するというものです。

稲垣吾郎が出るというウワサがあった火9枠ですが、カンテレはウワサのち否定。

でもサプライズで、やっぱり出るという可能性も捨て切れませんね!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「シグナル」(脚本:キム・ウニ 制作:Studio Dragon&ASTORY)
※原作:韓国ドラマ「シグナル」
2016年、韓国で「第52回百想芸術大賞」などを含む9冠に輝いた名作ドラマ。
ケーブルテレビ史上歴代3位の視聴率を獲得。主演はイ・ジェフン。


脚本:尾崎将也
演出:内片輝(うちかた あきら)、鈴木浩介
音楽:林 ゆうき
プロデューサー:萩原崇、笠置高弘、石田麻衣
制作著作:カンテレ

主題歌:Don’t Leave Me/BTS (防弾少年団)
※BTS (防弾少年団) …2013年6月にデビューした韓国の男性ヒップホップグループ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
過去
大山剛志【刑事課】/北村一輝…過去の城西警察署刑事課の刑事。
健人と無線機で交信する、城西警察署刑事課の刑事。不正を憎み、警察のメンツや慣例などにとらわれず捜査にのめり込むため、上司から疎まれたり周囲から反発されたりもするが、自分の中の絶対に曲げられない正義感と信念で、事件を捜査する。ある日突然収賄容疑をかけられ、その後失踪してしまう。

現在
警視庁
中本慎之助【刑事部長】/渡部篤郎
絶大な権力をふるう警視庁の刑事部長。数々の政治家や大企業に絡む隠ぺい工作を行うなど、汚い手を使って現在の地位にのし上がってきた、警察の裏の顔ともいうべき存在。

城西警察署
三枝健人【地域課】/坂口健太郎
警視庁城西警察署の警察官。幼い頃に遭遇した女子児童誘拐殺人事件での目撃証言を信じてもらえなかったり、兄が自ら命を絶つ原因となった過去の事件で心に深い傷を負って以来、警察を全く信用していない。冷静な判断力と観察力、そして独学で会得したプロファイリングの知識を持つ。自分の手で、兄の事件の真相をつかみたいと、内なる情熱を秘めている。

桜井美咲【刑事課】/吉瀬美智子
健人とタッグを組む、城西署刑事課の刑事。長期未解決事件捜査班のリーダー。新人時代に、指導係だった大山の厳しい教えを受け、優秀な刑事に成長した。強気でクールだが、誰よりも事件解決への思いが強い。健人が城西警察署管内の交番に勤務していた際、女児誘拐殺人事件をきっかけに出会った。

山田勉/木村祐一
城南警察署に勤務する、美咲の同僚刑事。人探しのプロで、ベテランだが、ひと言多くて腰は重い。一方で、刑事としての正義感を持ち、周囲を明るくするムードメーカーでもある。

小島信也/池田鉄洋
城西署刑事課の監察官。優れた分析力と観察眼を持っている。独特な物言いのため周囲からは変わり者扱いされているが小さな遺留品などにも注目し過去に分析できなかった証拠にも光を与え健人や美咲たち長期未解決捜査班をサポートする。

岩田一夫【刑事課・課長】/甲本雅裕
城西署刑事課・係長。刑事部長・中本の手下として過去の事件の秘密を探ろうとしている健人や美咲を見張っている。かつては、大山と一緒に捜査にあたっていたが、あることをきっかけに、中本に手を貸すように。


慶明大学医学部
安西理香【助手】/青野楓
美咲の一番の理解者となる慶明大学医学部法医学教室の准教授。未解決事件に限らず、殺人事件が発生した際の検視に人生をかけている。

加藤亮太/神尾楓珠
健人の自殺した兄。ある事件をきっかけに逮捕され自らの命を絶った。亮太の死が健人の人生に大きな影響を与えることとなる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
坂口健太郎がドラマ初主演。過去と交信し謎を追う刑事役で新境地に挑む! 
韓国で数々の賞を受賞したヒューマンサスペンスの最高傑作「シグナル」の日本版を、テレビドラマ初主演の坂口健太郎を迎えて制作。謎の無線機を通じて、“現在”を生きる刑事と“過去”を生きる刑事の2人が、共に未解決事件を解き明かすことで現実が塗り替えられ、次々に謎を深めていく予想不可能なストーリーが展開する。

坂口演じる三枝健人と無線機で交信する刑事・大山剛志を北村一輝、健人とタッグを組む女性刑事・桜井美咲を吉瀬美智子、絶大な権力をふるう刑事部長・中本慎之助を渡部篤郎が演じる。脚本は、「結婚できない男」(同系)、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」を手掛けた尾崎将也。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ【シグナル 長期未解決事件捜査班】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
韓国の人気ドラマをリメイク
今ドラマの原作は韓国のゴールデン・グローブ賞とも言われる「百想芸術大賞」をはじめ2016年の各アワードで9冠を受賞したヒューマンサスペンスの最高傑作『シグナル』です。ケーブルテレビ史上歴代3位の視聴率を獲得した話題作でもあり放送終了後は「シグナルロス」の声が多発したそうです。

過去と現在、2人の刑事をつなぐ1台の無線機
過去の刑事と現在の刑事をつなぐのは1台の無線機。15年の時を超え2人の刑事が協力して未解決事件を捜査します。過去と現在がつながるお話ですが、いわゆるタイムトラベルものとは違って無線機を通して声だけのやり取りという点も大きな見どころだと思います。初めて無線機の声を聴いたとき15年前の刑事だと言われても簡単には信用できないと思います。どのような経緯で信用することができ協力しあうようになるのかなどの心の動きを考えると楽しいと思います。

坂口健太郎の演技力にも注目!
ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』は坂口健太郎さんの初主演ドラマとなります。実は坂口健太郎さんの演技は上手という方と下手という方で意見が分かれてしまっています。演技が棒読みだという意見もあれば、他方では「演技が上手」「だんだんとうまくなっている」などという肯定的な意見も出ています。坂口健太郎さんの演技力に注目してドラマを観てみるのも面白いのではないでしょうか。


2018年春、月曜ドラマ『コンフィデンスマンJP』

kage

2018/06/11 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★4月9日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54(初回は30分拡大スペシャルです!(録画注意))

 コンフィデンスマンJP

Arika注目1h長澤まさみ主演。騙す方も騙される方も規格外な詐欺コメディ! 

2018年春ドラマ注目度No.1!


長澤まさみ×東出昌大×小日向文世が詐欺師に!

正体不明だけど魅力的な詐欺師・ダー子(長澤まさみ)、ベテラン詐欺師・リチャード(小日向文世)と頼りないボクちゃん詐欺師(東出昌大)による、豪華で痛快な詐欺コメディです。

長澤まさみさんの麗しきコスプレに注目が集まっていますが、脚本は「リーガル・ハイ」の古沢良太なので、会話劇のおもしろさにもお墨つき!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本 :古沢良太
音楽 :fox capture plan
主題歌 : Official髭男dism「ノーダウト」
企画 :成河広明
プロデューサー:草ヶ谷大輔、古郡真也
演出 :田中亮、金井紘、三橋利行
制作・著作:フジテレビ

E13-b043.gif
(外部サイト):コンフィデンスマンJP

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
CONFIDENCE MAM≪信用詐欺師≫…仲間?


ダー子:長澤まさみ正体不明の美しきコンフィデンスウーマン
年齢不詳、正体不明、とにかく規格外で無軌道なコンフィデンスウーマン(女詐欺師)。
┣とんでもないターゲットと、常識外れの計画を持ち込む、リーダー的存在。
┣お金とファッションとグルメに目がなくて、やや天然。
┣天才的知能と抜群の集中力を持ち、あらゆる職業の専門知識を短期間でマスターして、さまざまな職業人になりすます。


ボクちゃん:東出昌大真面目で小心者の若きコンフィデンスマン
真面目で小心者の若きコンフィデンスマン。
┣いつもダー子に振り回されてばかりいる、小心者。
┣だますことも得意だが、お人よしのためにだまされることも多い。
┣早く足を洗って、地道にまっとうに生きていきたいと心の底から願っている。

リチャード:小日向文世百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン
百戦錬磨のベテラン・コンフィデンスマン。
┣変装の腕は超一流、生まれながらの品の良さを武器にどんな職業人にでもなりすまし、手練手管を使って相手をだます。
┣性格はきわめて温厚だが、その本心と正体は誰も知らない。
┣神出鬼没で捉えどころのない人物。
┣蝶ネクタイがトレードマーク。

TARGET≪金を奪う≫(★主要ゲスト・ターゲット)


【第1話】
赤星栄介 : 江口洋介(公益財団『あかぼし』の会長。日本のゴッドファーザー)
【第2話】
桜田しず子:吉瀬美智子(リゾート会社社長)
【第3話】
城ヶ崎善三:石黒賢 (有名美術評論家)

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
長澤まさみが天才詐欺師に。
古沢良太脚本の痛快エンターテインメントコメディー! 

長澤まさみの主演で、「リーガルハイ」シリーズ、「デート~恋とはどんなものかしら~」(共に同系)、映画「ミックス。」などの古沢良太がオリジナル脚本で描く、痛快エンターテインメントコメディー。個性豊かなコンフィデンスマン(信用詐欺師)たちが、金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界などの華やかな世界を舞台に、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る姿を描く。天才的な知能であらゆる業界の職業人になり切るダー子(長澤)、小心者でいつもダー子に振り回されるボクちゃん(東出昌大)、百戦錬磨のベテラン・リチャード(小日向文世)の3人が、奇想天外なトリックでターゲットから巧妙に金を奪っていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■【コンフィデンスマンJP】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
長澤まさみ×東出昌大×小日向文世!凸凹トリオに爆笑?
妖艶さとともに小悪魔性をもち合わせる長澤まさみさんは、コメディエンヌの才能もあるので、生き生きとダー子を演じそう。東出昌大さん演じるボクちゃんは、一見常識人なのに生まれながらの詐欺師。パッと見ふつうなのに裏があるというと「あなそれ」の涼ちゃんを思い出しますね。小日向さんは、マフィアの冷徹なボスから人のいいおじさんまで振り幅の大きな役者さんなので、まさに詐欺師っぽい。この凸凹トリオを役柄に合わせて想像するだけでもう笑えてきます。

天才脚本家・古沢良太の描く世界観と台詞のおもしろさ
古沢良太さんといえば、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「キサラギ」「探偵はBARにいる」「ミックス。」、ドラマ「リーガル・ハイ」シリーズ、「デート〜恋とはどんなものかしら〜」など数々の名作ドラマの脚本を手がけている稀代の名手。独特の世界観と個性的で生き生きとしたキャラクター、セリフまわしの面白さが魅力ですね。今回はコメディなので、テンポよくおもしろい台詞のバトルがありそうで期待しています。だましだまされ、ドンデン返しの連続、というのも古沢良太さんの練りに練った脚本への期待が高まります。「高等遊民」みたいなグッとくるキーワードも出てくるのか、決め台詞はあるのか、どんなゲストが登場するのか、新しい情報が出次第、更新していきます!

ダー子(長澤まさみ)たちのセレブ生活コスプレ
ダー子は、都内の高級ホテルのスイートルームで、悪徳大富豪たちをターゲットに日夜、詐欺の計画を練っている…。という設定。かなりゴージャスなスイートルームが詐欺の計画を練る舞台になるなんて、そのセレブな生活に注目したいですね。またいろいろな職業人になるというので、コスプレも楽しみです。



2018年春、金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理」

kage

2018/06/08 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月13日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 20:00~20:54


同時放送:テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送

 金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理」

Arika注目1h視聴率男・上川隆也の執事ドラマ!糸村に次ぐアタリ役になりそう!

上川隆也主演がパーフェクトな執事となり、謎解きをするミステリー!

上川隆也は、テレビ東京の連ドラ初主演、執事役も初挑戦。

舞台、テレビ、映画と幅広く活躍し、シリアスな役からコミカルな役まで様々な役を演じてきた実力派俳優・上川隆也。

そして奥様役にテレビ東京の連ドラ出演は20年ぶりとなる八千草薫。“完璧すぎる執事“が活躍する痛快ミステリー・エンターテインメントです。

原作なしのオリジナル脚本です。

「遺留捜査」の糸村に次ぐアタリ役になれば、シリーズ化の可能性も。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
監督:橋本一 村上牧人
脚本:田中眞一 大石哲也 真部千晶
企画原案:星野由宇
チーフプロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)
プロデューサー:中川順平(テレビ東京) 黒沢淳 東田陽介
製作:テレビ東京 テレパック

E13-b043.gif
外部サイト:金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
伊集院家
西園寺一 /上川隆也
資産家の伊集院家に仕える優秀な執事。
┣未亡人となった奥さま・百合子の世話だけでなく、屋敷の一切を任されている。
┣ロンドンの名門執事学校を首席で卒業し、世界各地の大富豪のもとで執事を務めてきたとのうわさがあるが、真偽は不明。
┣執事としての能力はもちろん、豊かな知識と経験を持ち、数カ国語を操る語学力、格闘技からピアノ演奏までこなしてしまう多才ぶりの完璧な執事だが、その過去は厚いベールに包まれている。

伊集院百合子 /八千草薫
伊集院家の奥さま。
┣優雅で上品、好奇心旺盛で少しだけ天然キャラ。
┣それでいて、見かけによらず芯が強く、人や物事の本質を見抜く直観力を持ち合わせている。
┣夫が亡くなる前から仕えている西園寺と、深くて厚い信頼関係で結びついている。

伊集院光弥/里見浩太朗[特別出演]
百合子の亡き夫。
┣財界の重鎮。
┣読書家で甘い物好き。
┣百合子と深い愛情で結ばれていた。

板倉明美/池谷のぶえ
伊集院家のベテランメイド。
┣西園寺より前から働いている。
┣料理も担当する。

前田美佳/岡本玲
伊集院家のメイド。
┣明るくて気が強い。
┣先輩として新米澤田を厳しく指導する。

澤田慎次/浅利陽介
伊集院家のフットマン。
┣新米執事。おっちょこちょいな性格で、皿をよく割ってしまう。
┣西園寺が事件を調べる際、手伝わされる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

城南第一署の刑事。
丸山昭雄/佐藤二朗
城南第一署・刑事課の刑事。
┣現場の叩き上げ。西園寺のことを「ただ者ではない」と感じている。

柴田公平/平山祐介
城南第一署・刑事課の刑事。
┣丸山の同僚。刑事課きっての肉体派。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大川龍之介/古谷一行
元・警察庁長官の大物政治家。
┣なぜか西園寺の存在を注視している。

水城希/花乃まりあ
大物政治家・大川龍之介の秘書。
┣大川の命令で西園寺の動きを報告する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
上川隆也がパーフェクトな執事に。
名推理を披露するミステリーエンターテインメント! 

資産家に仕える執事・西園寺一が、当家の奥さまである伊集院百合子の意思を受けて、難解な事件を鮮やかに解決していく痛快ミステリーエンターテインメント。

ハウスキーピングから給仕、使用人の監督から財産の管理まで、屋敷におけるありとあらゆることを完璧にこなす“パーフェクト執事”の西園寺を演じるのは、テレビ東京系の連続ドラマ初主演となる上川隆也。優雅で上品だが、好奇心旺盛で本質を見抜く直観力に優れた“奥さま”に、八千草薫が扮する。固い絆で結ばれた2人のコンビネーションも、見どころの一つ。


2018年春、金曜ドラマ『家政夫のミタゾノ』

kage

2018/06/08 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月20日スタート 

テレビ朝日系24局ネット 毎週金曜 23:15~24:15

 家政夫のミタゾノ

Arika注目1hあのミタゾノが1年半ぶりに帰ってくる!

松岡昌宏×剛力彩芽!

衝撃のシーズン2!

4月クールのテレビ朝日系・金曜ナイトドラマは、『家政夫のミタゾノ』待望の続編!

主演はTOKIOの松岡昌宏!女装した家政夫を演じます。

今回はどんな家庭を崩壊、そして再生させるのか、どんな家事テクが出てくるのか?

空白の期間に何があったのか? またまた金曜の夜をザワつかせそうです!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:八津弘幸
監督:七高剛
音楽:ワンミュージック
ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:秋山貴人(テレビ朝日)、木曽貴美子・椋尾由希子(MMJ)
制作:テレビ朝日/MMJ

主題歌:戯言/島茂子

E13-b043.gif
外部サイト:家政夫のミタゾノ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
三田園薫:松岡昌宏……「むすび家政婦紹介所」所属の派遣家政夫。
むすび家政婦紹介所に所属する家政夫。
┣•性別:女装した男性だが、女性として勤務。
┣•性格:寡黙。クールで無表情。
┣•家事スキル:掃除・洗濯・料理すべてプロ級。
┣•趣味:派遣先の家庭の“秘密”を暴き、崩壊させること
┣•苦手:お化けが弱点
┣•家族:元家政婦で亡き妹の康江がいる(三田園の作り話しの可能性も)
┣•口癖:痛み入ります(相手の配慮に恐縮してありがたく思うこと)
┣•お決まりパターン:劇中、時間を止めてその日の家事のポイントを紹介
┣•寡黙で無表情、何を考えているのか分からない。その上女装しているため不気味な面もあるが、掃除、洗濯、料理、子守など家事全般を完璧にこなし、派遣先の家で信頼を得るのも早い。しかし、それぞれの家庭の内情をのぞき見し、秘密を知ってしまうと、それを表沙汰にするべく周到なわなを張り、少しづつ家族の化けの皮を剥がしていく。

五味麻琴:剛力彩芽)…三田園が所属する「むすび家政婦紹介所」の新人家政婦。
┣むすび家政婦紹介所で働き始めた家政婦。
┣人を信じやすく、三田園に振り回される。
┣大家族の長女として弟と妹たちを世話してきた苦労人だが、その分、家事スキルには自信がある。特に、庶民的な食材で高級食材を再現する能力に優れている。人を信じやすく、裏切られることに慣れていない、優しい性格の持ち主。いきなり三田園とバディを組まされ、依頼人の家庭を崩壊させようとする三田園の行動に驚き、止めようとする。

結頼子:余貴美子
┣•「むすび家政婦紹介所」所長。
┣•三田園が女装をして働いている理由について、何らかの事情を知っている模様。

平野らむ:椿鬼奴
┣•男女関係に関するゴシップ好きのベテラン家政婦。

早坂倫子:内藤理沙
┣•若手ながら家政婦としての経験が豊富で噂話に敏感な家政婦。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松岡昌宏扮する“最恐家政夫”が帰ってくる! 痛快のぞき見ヒューマンドラマ! 
松岡昌宏が扮する、女装をした家政夫・三田園薫が、派遣された家庭の内情をのぞき見し、そこに巣食う問題や根深い汚れを白日の下にさらして再生させる、痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。

松岡自身「この作品と出合い、キャラクターを作り上げていく段階で妙な手応えがあった」と語る本作。家族のさまざまな問題を浮き彫りにして再生へと向かわせる展開は、「現代の家族・家庭のあり方」を視聴者にあらためて問いかける。

さらに、スーパー家政夫・三田園の卓越した知識と裏技も、実際の家事に役立つ見どころとして今シリーズでも健在。どんな家庭でどんな家事スキルが登場するのかにも、期待が高まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■【家政夫のミタゾノ】続編のあらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
三田園薫(松岡昌宏)は、女性が活躍する家政婦業界において、男性ながらに掃除・洗濯・料理・子守などの家事全般を完璧にこなす“スーパー家政夫”!しかし三田園は無表情で何を考えているのかわからない。また女装しているため不気味…。

しかも派遣先の家庭の事情をのぞき見。知り得た秘密をネタにその家庭を崩壊させるのが趣味。有能なのにハタ迷惑な男だ。しかし結果的に家族の再スタートのきっかけになり、家庭の“汚れ=問題”をキレイにする。

三田園は家庭を崩壊させ、再生へと導く、いわゆる“ダークヒーロー”!

第2シーズンでは、消息不明だった三田園がある日突然、戻ってくるところからスタート。空白の期間、三田園にいったい何が起きていたのか――その秘密が明かされる日がくるかも。

----------------------------------------------------------------------------------------
■【家政夫のミタゾノ】続編のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
みどころ①松岡昌宏の女装が衝撃!

松岡昌宏の女装という衝撃的なビジュアルが話題となった第1シーズン。

松岡さんは、第6回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞しました。

本作の続編を望む声が数多く寄せられ、1年半の時を経て待望のカムバックです。

今作の松岡さんは、やや不気味。ただ、それがダークなドラマ内容にマッチしていますね。

みどころ②家事えもん監修の家事スキル!
スーパー家政夫・三田園が紹介する“お役立ち家事のHOW TO”は、すぐに実践できる技ばかりです。

第1シーズンで家事の監修を務めたのは松橋周太呂さん。「洗濯ソムリエ」「掃除能力検定士」の資格があり、テレビ番組『あのニュースで得する人損する人』にて“家事えもん”として出演する方です。

紹介された家事は…
┣•洗濯物を早く乾かす方法
┣•網戸の汚れをさっぱり落とす方法
┣•手垢汚れを落とす方法
┣•家具にホコリが付きにくくする方法・・・など

情報番組としての側面もあり視聴者は一石二鳥のお得感あり!?





2018年春、木曜ドラマ『ラブリラン』

kage

2018/06/07 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月5日スタート〈全10話〉 

日本テレビ系 毎週木曜 23:59~24:54

 ラブリラン

Arika注目1h中村アンが連ドラ初主で30歳処女役!

原作は同名タイトルのレディースコミック。

記憶喪失前後で、地味な女性からキラキラ女子に変貌。

長年片思いのワイルド系甘々男子と、記憶喪失の間に同棲していた若いツンデレ&ドSなイケメンとの間で揺れ動くというストーリー。

え? 同棲していたのに処女なんですか? とツッコミたくなりましたが、その答えはドラマが教えてくれるでしょう!


ブラックリベンジ」「リピート」とサスペンスが続いた木曜ドラマ枠は、「恋がヘタでも生きてます」で恋愛を描いてきたので期待大。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:天沢アキ「ラブリラン」(講談社「Kiss」所載:単行本全2巻)
脚本:永田優子
監督:藤村享平
チーフプロデューサー:前西和成
プロデューサー:中間利彦、汐口武史、河原遥、金澤友也
音楽:未知瑠
主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE「また、アシタ」

E13-b043.gif
外部サイト:ラブリラン

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
OLIVIALAB
泉智子/ふせえり…会社社長

南さやか/中村アン
デザイン会社に勤めるデザイナー。幼なじみで初恋相手の鷺沢に憧れて、この世界を目指した。しかし、入社以来デザインの仕事を任されることはなく、いつしかスケジュール管理など事務のエキスパートに。恋に関しても同様、鷺沢に15年間片思いをしているが、妹的ポジションに安心して一歩も踏み出せないでいる。

町田翔平/古川雄輝
さやかと同じ会社で働く営業マン。さやかが記憶を失っている間に付き合い始め、現在同棲中。仕事は完璧だがプライベートでは基本的に無愛想で、さやかの痛いところを突きまくるドSキャラ。自分の欠点を反省し、一歩進もうと努力するさやかの姿をそばで見て好きになるが、実は付き合って2カ月で別れを告げていた。

菅野太一郎/小松利昌
さやかの上司で、会社の看板デザイナー。ある意味さやかの会社での一番の理解者。

佐山大輔/渡部秀
さやかの会社の後輩デザイナー。社内唯一の既婚者。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鷺沢亮介/大谷亮平
さやかが15年間思い続けている幼なじみ。第一線で活躍するデザイナー。さやかとは家族ぐるみの付き合いで、妹的存在として大事にしている。穏やかで優しい性格で、付き合いが長い分、さやかの性格や好みを知り尽くしている。しかし、さやかに恋心を抱かれているとは夢にも思っていない。
↑交際中↓
青山瑞希/片瀬那奈
鷺沢の彼女。フリーのイラストレイター。一度結婚に失敗しているため、鷺沢との大人の関係が心地いい。しかし、さやかの登場でその心にも変化が…。

宇野友美/佐津川愛美
さやかの親友。さやかとは正反対の女子力の高いリア充。ずっとさやかとルームシェアをしていたが、交際中の彼氏との間に子供ができて結婚。その部屋に夫と住むことに。

藤崎隼人/市川知宏
美容師。さやかが記憶喪失中に何か関係があったらしい…。

小笠原杏子/大政絢
町田の元カノで、トップモデル。町田に未練がある。

Barマスター・前島悟郎/村杉蝉之介
町田行き付けのBar

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中村アンが“恋愛経験ゼロ女子”を熱演!
記憶喪失から始まる新感覚ラブコメディー! 

天沢アキの同名漫画を原作に、3カ月間の記憶をなくした主人公が、幸せをつかむため、恋に仕事に奮闘する姿を描く新感覚のラブコメディー。

30歳にして恋愛経験ゼロ、幼なじみの初恋相手に15年間思いを寄せるデザイナー・南さやかに扮するのは、連続ドラマ初主演となる中村アン。記憶を失っている間にさやかと付き合い始めた同棲相手・町田翔平を古川雄輝、さやかが片思い中の幼なじみ・鷺沢亮介を大谷亮平が演じる。

さやかは、3カ月間で変化していた自分を取り巻く環境に悪戦苦闘しながらも、記憶を取り戻していく中で、一人の女性としてもデザイナーとしても成長していく。


2018年春、木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』

kage

2018/06/07 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月19日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

 未解決の女 警視庁文書捜査官

Arika注目1h波瑠と鈴木京香W主演の刑事ミステリ! 新たなるシリーズ化をテレ朝が狙う?

肉体派の波瑠と頭脳派の鈴木京香。

凸凹コンビが、捜査資料の文字から未解決事件を解決!

波瑠のアクションや鈴木京香の文字ヲタぶりに期待しています。

脚本は「あさが来た」の大森美香で波瑠との強力タッグふたたび!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:麻見和史「警視庁文書捜査官」(角川文庫/KADOKAWA)
脚本:大森美香
ゼネラルプロデューサー : 横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー : 服部宣之(テレビ朝日)、菊池誠(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
演出 ; 田村直己(テレビ朝日)、樹下直美(アズバーズ)
制作協力 : アズバーズ
制作著作 : テレビ朝日

E13-b043.gif
外部サイト:未解決の女 警視庁文書捜査官

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」
矢代朋 (28)/波瑠肉体派
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。巡査部長。
┣•年齢…28歳
┣•所属と階級…警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事/巡査部長
┣•刑事になった理由…幼い頃からドラマの刑事に憧れ、高卒後警察官に。
┣•警察での経歴…捜査一課・強行犯係所属。
┣•特技…空手家の父親譲りの体力と柔術
┣•性格…単純、熱血。ドタバタとやかましく立ち回る。
┣•口癖・決めセリフ…不明

熱血捜査の末、1カ月もの昏睡状態に。奇跡的に命を取り留めたが、職場へ復帰すると「特命捜査対策室」第6係へ異動の命が! 報告書を書くのすら苦手なのに、理沙(鈴木京香)とともに膨大な捜査資料から未解決事件の真相を追うことに…。空手家の父親譲りの体力と柔術に自信がある。自分でも刑事は天職だと思っているが、ある事件で1カ月の昏睡状態に陥り奇跡的に命を取り留めた結果、現職へ異動となる。報告書を書くことすら苦手だったが、上司の理沙を介して文字を手がかりに謎を解くことに興味を持ち始める。

鳴海理沙(48):鈴木京香頭脳派
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係の刑事。警部補。
┣•年齢…48歳
┣•所属と階級…警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事/警部補
•刑事になった理由…刑事だった祖父のすすめ。
┣•警察での経歴…警視庁の部署を転々とし、所轄の総務課にいた。
┣•特技…わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる。文書の解読による名推理。
┣•性格…人より文字が好き。いつも冷静だが、想定外のことには慌てる。
┣•口癖・決めセリフ…文字の神様が降りてきた!

わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる類いまれな能力の持ち主。「人より文字が好き」と豪語し、ひっそりとした地下にある第6係の文書室にこもっていて、周りからは「倉庫番の魔女」と呼ばれている。いつも冷静に見えて、予想外のことが起きると激しく動揺してしまう一面も。

古賀清成(50) :沢村一樹
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長。警視。
┣•年齢…50歳。
┣•所属と階級…警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長/警視
┣•刑事になった理由…不明
┣•警察での経歴…元は捜査一課強行犯係の係長。全6係ある未解決専門の特命対策室をテコ入れするために室長に抜擢されたが、左遷されたような屈辱にさいなまれ、花形の捜査一課に返り咲きたいと思っている。
┣•特技…大人げないほどの嫌味で朋(波瑠)をディスる。
┣•性格…叩き上げからの成り上がりだけに、力でねじふせるタイプ?
┣•口癖・決めセリフ…不明
┣鳴海理沙(鈴木京香)とは過去に何かあったようです。2人の因縁がドラマのスパイスにもなりそうですね!

たたき上げからの成り上がりで、刑事としてのプライドが高い。捜査一課強行犯係の係長だったが、特命捜査対策室をテコ入れするため、室長に抜てきされた。しかし屈辱感でいっぱいなため、結果を残して再び花形部署の一課に返り咲こうと意欲を燃やし、部下を怒鳴りつけている。特に第6係を不要の係とみなして嫌い、嫌味たっぷりな態度で朋を叱責。理沙とは過去に因縁がある。

岡部守(32) /工藤阿須加
警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事。巡査部長。朋とは同期。第6係に異動した朋の代わりに、強行犯係へ配属。やっと念願の捜査一課の刑事になり、上司に認められようと必死だが、朋には強行犯係の捜査状況を伝えることもある。

財津喜延(58) /高田純次
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係の係長。警部。温厚な人柄で、人格がバラバラすぎる第6係のメンバーをうまくまとめる。眼鏡越しの目の奥で何を考えているかよく分からないが、実は切れ者で雄弁。古賀にも一目置かれている。理沙の才能を早くから見いだして引き抜き、朋とバディを組ませようと思いついた張本人。私生活では恐妻家。

川奈部孝史(55) /光石 研
警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の係長。警部。朋にとっては元・直属の上司。警視庁の中でも花形とされる強行犯係において、エース格の刑事として活躍。捜査現場で特命捜査対策室のメンバーと鉢合わせるたび、目障りな存在だと思っている。その一方で、時に理沙の文書捜査能力を利用し、捜査を進めることも。

草加慎司(53) /遠藤 憲一
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係の主任。警部補。愚直で真面目で超無口、超早飯。足を使った我慢強い捜査をいとわないが、第6係に異動してからは主に文書箱を運んだりしているため、「倉庫番のフランケン」と呼ばれていた。しかし、朋が異動してきてからは文書が武器の捜査熱心な“お遍路刑事”として復活。朋を熱心に教育する。実は、理沙にひそかに思いを寄せている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
波瑠と鈴木京香が初タッグ!
肉体派×頭脳派の最強刑事が未解決事件の捜査に挑む! 

波瑠と鈴木京香が刑事役で初タッグを組む、新感覚のミステリードラマ。“熱血バカ”と称される肉体派刑事・矢代朋を波瑠が、文書解読のエキスパートで頭脳派の鳴海理沙を鈴木が演じる。一見正反対のタイプに思える矢代と鳴海がバディを組むことで、互いの根底に共通するものを見い出し、息の合った相棒へと成長していくさまを描く。

脚本を務めるのは、「眩(くらら)~北斎の娘~」(NHK総合)で文化庁芸術祭大賞を受賞した大森美香。NHK連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインを演じた波瑠とは2度目のタッグとなる。劇中には矢代のアクションシーンも登場するなど、クールなイメージの波瑠が果敢に切り開いていく新境地も必見。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ【未解決の女】の原作
----------------------------------------------------------------------------------------
ドラマ【未解決の女】の原作は、麻見和史さんの小説『警視庁文書捜査官』(角川文庫/KADOKAWA刊)。

警視庁文書捜査官 (角川文庫)

麻見和史さんの刑事ミステリーは、4シリーズあります。
①警視庁捜査一課十一係シリーズ(2018年3月23日現在10作品)
②特捜7シリーズ(2018年3月23日現在3作品)
③警視庁文書捜査官シリーズ(2018年3月23日現在3作品)
④重犯罪取材班・早乙女綾香シリーズ(2018年3月23日現在1作品)

今回ドラマ化される警視庁文書捜査官シリーズは、ゆるふわボブの美人警部補・鳴海理沙が文字からすごい推理をするけど、ヲタクで残念な美人な感じがいいんですね!

鈴木京香さんなら、上手に演じてくれそうです。



2018年春、ドラマBiz「ヘッドハンター」

kage

2018/06/04 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★4月16日スタート 

テレビ東京系 毎週月曜 22:00~22:54(初回15分拡大)

 ドラマBiz「ヘッドハンター」

Arika注目1h江口洋介らが映す”転職業界の今”

テレ東が4月から月曜夜10時の新連ドラ枠「ドラマBiz」」(ドラマ+ビジネス)をスタート!

コンセプトは、「大人をターゲットにしたビジネスドラマ」。

テーマは『働く』こと。

「ワールドビジネスサテライト(WBS)」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」など人気のビジネス番組を誇るテレ東らしいドラマ枠となりそうです。

第一弾は、転職をテーマにした「ヘッドハンター」。

「ガイアの夜明け」の江口洋介&杉本哲太、「カンブリア宮殿」の小池栄子をキャスティング!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:林宏司
監督:星護
プロデューサー:稲田秀樹(テレビ東京)、高丸雅隆(共同テレビ)
制作協力:共同テレビ/製作著作:テレビ東京

主題歌:Baby don’t cry ~神様に触れる唇~/Beverly

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマBiz「ヘッドハンター」

後クール:仲村トオル主演の予定(週刊文春2/1発売号の報道)
※同時間にて放送中の『未来世紀ジパング』は水曜22時台に移動。

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏢サーチ会社「SAGASU」
黒澤和樹 :江口洋介
サーチ会社「SAGASU」の社長兼、すご腕のヘッドハンター。
┣•異名:ヘッドハンター界の異端児
┣•信条:「どんな依頼も断らない」、「ヘッドハントを生かすか殺すかは本人次第」、「ヘッドハントした相手は、最後まで面倒を看る」
┣•仕事姿勢:常識外れな行動と強引さを持つ“非情”なアウトロー。
┣•性格:抜群の頭脳と記憶力を持つ野心家。多数の業界に精通。
┣•対象者を徹底的に調べ、(彼独自の哲学の)最善の組織へマッチングさせる。
┣対象者やクライアントの心の中に深く入り込み、強引ともいえる手腕で企業と候補者の理想のマッチングを実現していく業界の異端児。抜群の頭脳と記憶力を持つ野心家で、あらゆる業界に精通している。

灰谷哲也:杉本哲太…サーチ会社「SAGASU」総務・経理担当
「SAGASU」の総務・経理担当。
┣黒澤が苦手とする事務作業をサポートする番頭的な存在だが、黒澤とは浅からぬ因縁がある。
┣業界紙記者や怪しげなブローカーとも顔なじみで、あらゆる会社の裏情報に精通している。
┣普段はひょうひょうと雑務をこなす、スイーツ好きの癒し系オヤジ。

舘林美憂:徳永えり
転職斡旋サーチ会社「SAGASU」リサーチャー。
┣大手企業でも採用されるに足る高い知識とパソコン能力を持ちながら、なぜかこの会社に流れて来た変わり者。
┣一見、明るくお調子者に見えるが、人間の洞察力に優れた面も持ち合わす。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏢業界最大手の転職あっせん会社「ブリッジ」
赤城響子:小池栄子
業界最大手の転職斡旋(あっせん)会社「ブリッジ」のシニアバイス=Senior Vice President:上級副社長の意味)を務める。
┣大学卒業と同時にアメリカに渡り、MBA(経営学修士)を取得した才女。
┣ヘッドハント業界をアメリカ並みに発展させたいと願い、「SAGASU」の少々乱暴なやり口に不満を持っている。
┣黒澤に会うと、いつも皮肉の応酬になるが、優等生的な自分に物足りなさも感じている。

武井恭平:岡田龍太郎
ブリッジの若手社員。
┣響子班に所属し、秘書のように行動を共にする。
┣今どきのイケメンの若者。
┣社交的で調子はいいが、事務的な作業で何かとポカミスが多く、響子からいつも注意されている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

眞城昭:平山浩行
おもに経済誌で活躍するフリーの記者。
┣アンダーグラウンドな情報通。
┣黒澤とは経済新聞の記者時代からの付き合い。
┣今も密かに「SAGASU」の裏の汚れ仕事などを 請け負ったりする腐れ縁。

及川百合:山賀琴子
古い洋食屋に勤める看板娘。
┣常連の黒澤が唯一心を許す存在。
┣どんな人間にもわけ隔てなく接する、素直で、けなげな性格。
┣普段はおとなしめだが、次第に 顔なじみとなってゆく黒澤には茶目っ気もみせたりする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
江口洋介が異端のヘッドハンターに!
働くこと、生きることを問う本格ビジネスドラマ! 

“経済・ビジネス”と“ドラマ”を掛け合わせた本格的なビジネスドラマ枠として新設される「ドラマBiz」。その第1弾となる今作は、ビジネス人材をスカウトする異端のヘッドハンターを主人公に、転職にまつわる人間模様を通して、働くこと、生きることを問うヒューマンビジネスドラマ。主演を務めるのは、経済ドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(同系)の案内人でもある江口洋介。更に、経済人を迎えるトーク番組「カンブリア宮殿」(同系)のサブインタビュアーを務める小池栄子、「ガイアの夜明け」のナレーターを担当する杉本哲太も共演する。脚本は、「医龍-Team Medical Dragon-」(フジテレビ系)、「ハゲタカ」(NHK)の林宏司。

----------------------------------------------------------------------------------------
■「SAGASU」とは…
----------------------------------------------------------------------------------------
主人公は「SAGASU」代表のヘッドハンター・黒澤和樹(江口洋介)。

「SAGASU」の人員は、黒澤、灰谷哲也(杉本哲太)、舘林美憂(徳永えり)の3名のみ。

弱小人材紹介会社です。

なのに、(だからこそ?)難攻不落の難しい転職案件ばかりを扱っています。

代表の黒澤のやり方は、対象者の心の奥深くまで入り込み、選択を迫ります。しかし彼の強引さに、“救われた”“酷い目にあった”と両極端の反応が!

はたして黒澤は、救世主か?悪魔か?

第1話のあらすじ①:谷口がしぶる理由とは!?

あなたの値段、知りたいと思いませんか?

そんな言葉で黒澤が誘う今回の「SAGASU」の対象者は谷口。大手家電メーカーのマルヨシ製作所の技術者です。

音響機器のエンジニアとしての腕が買われての引き抜きでした。

しかし谷口は慎重な態度。一体、なぜ?


第1話のあらすじ②あなたの大切なものは?

マルヨシ製作所の社長・横河は、大幅な構造改革をマスコミ発表。

谷口は、社長の経営方針にうんざりします。

しかし谷口は、家族や先輩への想いから転職を決断できずにいました。

あなたにとって一番大切なものは何か?

黒澤は谷口に問いかけます。

果たして黒澤のヘッドハントは成功するのでしょうか?

*ヘッドハンターとは、企業の要望に応え、必要な人材の転職を斡旋する者。

ドラマ『ヘッドハンター』は、転職を前に、揺れ動く人間模様を描くヒューマンドラマです。



2018年春、連続ドラマW 60 「誤判対策室」

kage

2018/06/03 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★5月6日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW 60 「誤判対策室」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:石川智健「60 誤判対策室」 (講談社文庫)
脚本:高田亮
監督:熊切和嘉
プロデューサー:加納貴治、松田広子、押田興将

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW 60 「誤判対策室」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
誤判対策室
元警視庁捜査一課刑事・有馬英治:舘ひろし
「誤判対策室」に勤める、定年退職を間近に控える刑事。警視庁捜査一課のすご腕刑事として知られていたが、かつて担当した事件で無実の者を冤罪に陥れた過去がある。ある事件の情報を入手し、冤罪の可能性に気付いて調査を始める。

弁護士・世良章一:古川雄輝
志願して「誤判対策室」に入った、エリート弁護士。有馬の熱意に押され、ある事件の再調査に協力していく。

検察官・春名美鈴 :星野真里
検察庁から左遷された、「誤判対策室」所属の検察官。上司である検察官・西島の指示に従って行動していたが、次第に冤罪事件に向き合っていく。

検察官・西島慎太郎:村上 淳
春名の上司で、古内事件の担当検事

風俗嬢・マミ:酒井若菜
有馬の通う風俗店「ヘブンズガーデン」に勤務

冤罪被害者・中倉 徹:竹原ピストル
有馬に自白を強要される。釈放後に自殺

世良の父・世良光蔵:若松武史
衆議院議員で誤判対策室の設置を主導

矢野高虎の妻・矢野琴乃:ハマカワフミエ
幼少期に虐待を受け右目を失明。

詐欺集団の首謀者・矢野高虎:赤堀雅秋
リサイクルショップを経営。傷害の前歴がある

死刑囚・古内博文:康すおん
母子殺害事件の死刑囚。有馬が事件を再調査

妙善寺の住職・梶永:小林勝也
教誨師で獄中の古内をよく知る

古内事件の担当刑事・坂口克之:井上 肇
有馬とは因縁があり、誤判対策室に追いやられた有馬を見下す

古内事件の担当弁護士・古畑勝茂:利重 剛
古内が罪を認めていたため、ろくに弁護せず

有馬の娘・松下詩織:水崎綾女
家庭を顧みなかった有馬とは距離がある

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
舘ひろしが定年間近の刑事に。タイムリミットまでに冤罪を立証できるのか!? 
警察ミステリー小説「エウレカの確率」シリーズの石川智健のミステリー小説を連続ドラマ化。国の政策で創設された、死刑囚の冤罪(えんざい)の可能性を探る組織である「誤判対策室」を舞台に、定年間近の刑事がある死刑囚の冤罪の可能性に気付き、隠された真実へと迫っていく姿を描く。

主人公となる、60歳を迎える刑事・有馬英治を演じるのは、連続ドラマW初主演の舘ひろし。「誤判対策室」のメンバーである若手弁護士・世良章一に古川雄輝、検察官・春名美鈴に星野真里が扮する。監督を務めるのは、映画「私の男」「武曲 MUKOKU」の熊切和嘉。脚本は「武曲 MUKOKU」に引き続き熊切監督とタッグを組む高田亮が手掛ける。


2018年春、土曜ドラマ『おっさんずラブ』

kage

2018/06/02 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月21日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 23:15~24:05

 おっさんずラブ

Arika注目1hキュン死注意!田中圭&吉田鋼太郎&林遣都のピュアなラブストーリー!

2016年のSPドラマ「おっさんずラブ」が待望の連ドラ化!

主演の田中圭さんが、ヒロイン吉田鋼太郎さんと林遣都さんに告られ、もう大変!

奇妙な三角関係が始まります。『ボーイズラブ』ならぬ【おっさんずラブ】。

吉田さんが見せる“乙女な反応”は、まさに正真正銘のヒロイン!

なぜかキュンキュンすると前評判も高い、おっさん達が織り成すこの春いちばんのピュアな胸キュンラブストーリーです。

SPドラマを見たときにおもしろすぎて「えー、もう終わっちゃうの?」と思っていたので、連ドラ化はうれしい!

不思議なくらいピュアなおっさんたちの純愛の行方は?

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:徳尾浩司
演出:瑠東東一郎、Yuki Saito、山本大輔
ゼネラルプロデューサー:三輪 祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:貴島 彩理(テレビ朝日)/ 神馬 由季(アズバーズ) / 松野 千鶴子(アズバーズ)
制作著作:テレビ朝日
制作協力:アズバーズ

E13-b043.gif
外部サイト:おっさんずラブ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
春田創一: 田中圭…女好き(巨乳ロリ)非モテ33歳のおっさん
「天空不動産」の営業所で働く33歳独身男子。女性が大好きで結婚願望はあるがモテない。さらに、料理や洗濯もろくにできないダメ男。本社から異動してきた後輩・牧の生活力に目を付け、同居を提案する。しかし突然、尊敬する上司・黒澤と牧から「好きだ」と告白されて平穏な日常が崩れ去る。幼なじみのことが気になっているが、踏み出せずにいる。

黒澤武蔵:吉田鋼太郎…乙女な“おっさん上司”
「天空不動産」の営業所の部長。厳しくも情に厚く、男女共に人気の高い“理想の上司”。ゲイであることを隠し、春田の隠し撮り写真をため込んで彼への思いを抑えてきたが、「自分の気持ちに嘘はつきたくない!」と春田に迫るようになる。会社では厳格だが、春田の前では初々しい反応をするなど“乙女ムサシ”の一面が顔を出してしまう。

牧凌太:林遣都…、“イケメンドSな後輩”
「天空不動産」本社から春田のいる営業所に異動してきた社員。入社4年目の、女子が放っておかない高学歴イケメン男子。ゲイであることを隠していたが、黒澤が春田に迫ったと知り、うっかり自分もカミングアウトしてしまう。基本は敬語、丁寧で気が利く後輩風だが、ときおりブラックでドSな一面が見えることも。家事が得意で、同居することになった春田の世話を焼いている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
田中圭主演、ヒロインは吉田鋼太郎!? “おっさん同士”のピュアなラブストーリー! 
2016年、年末の深夜に単発ドラマとして放送され、各方面で話題となった作品を連続ドラマ化。コミカルとシリアスの線引きを絶妙なバランスで演じきった演技派俳優・田中圭と吉田鋼太郎のコンビが、連ドラでも再び恋愛模様を繰り広げる。そして今回から、田中が演じる春田創一の後輩となるハイスペックイケメン男子・牧凌太役で、若手実力派俳優の林遣都が参入。「常識で考えたらありえない」「でも常識ってそもそも何?」「人を好きになるって?」など、恋愛という王道ジャンルに一石を投じて視聴者の価値観に問いかける、抱腹絶倒の一番ピュアな胸キュンラブストーリー。

2018年春、プレミアムドラマ「PTAグランパ2!」

kage

2018/05/27 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月8日スタート 

TBS系 毎週日曜 午後9:00~午後8:54(初回は午後9:00~午後10:19)

 プレミアムドラマ「PTAグランパ2!」

Arika注目1h2017年に人気を博した「PTA」ドラマの第二弾!

松平健のPTA副会長奮戦記!


松平健が、孫が通う小学校のPTAの副会長に。今年は懲りずにまた立候補! シングルファザーの眞島秀和も副会長に!

不器用な「武曾じじぃ」というトラブルメーカーを支えるのは安達祐実!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:中澤日菜子「PTAグランパ!」(KADOKAWA)
脚本:おかざきさとこ
演出:井坂聡
制作統括:管原浩、竹内千賀

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ PTAグランパ2!

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
武曾勤:松平健
孫の友理奈が通う青葉小学校のPTA副会長。大手家電メーカーを定年退職し暇を持て余していた時に、娘・都の代理でPTA活動に関わり、周りの人々と衝突しながらも影響を与え合い成長してきた。頑固で融通が利かない性格だが、こうと決めたらやり遂げる意志の強さを持つ。友理奈にはめっぽう甘い。

内田順子:安達祐実
勤と一緒に青葉小学校のPTA副会長を務め、新年度はPTA会長に推薦される。3人の男児の母で、スーパーでパートとして働いている。最初は仕方なく引き受けたPTA役員だったが、勤と行動を共にする中で徐々に影響を受け、積極的に発言するようになる。

武曾都:真飛聖
勤の娘。離婚して娘の友理奈と実家に戻っている。大手商事会社の課長で、瀬古が務める小さな食品会社と取引があり、PTA活動以外でも瀬古と顔を合わすことになる。

瀬古圭太朗 :眞島秀和
1年前に妻を亡くし、6年生の娘・美羽と暮らすシングルファーザー。立候補して、勤と共に新年度のPTA副会長を務めることに。テキパキと事を運び、ほかのPTA役員から一目置かれる。勤め先の食品会社では営業課長として忙しく、私立中学を受験する美羽とすれ違いの毎日。

武曾幸子 :浅田美代子
勤の妻。多趣味で社交的。家事育児にノータッチだった勤がPTA活動に励むのを、厳しくも温かく見守っている。

織部結真:戸塚純貴
前年度は主夫だったのでPTA会長を務めたが、新年度は子離れしようと弁当屋の店長として働いている。瀬古の娘が、よく夕方に弁当を買いに来るので、勤と心配する。

堂島樹:夕輝壽太
新年度のPTA担当教師。何事も事務的で熱意が感じられず、保護者たちの間では、前任の学校で問題を起こしたらしいという噂が立っている。

秋山寛治:中原丈雄
勤の現役時代の会社の同僚。妻が若年性認知症になり、今はスーパーマーケットで働いていて、PTA会長の内田順子もそこでパートをしている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松平健演じる元企業戦士の“じぃじ”が、孫のために再びPTAで奮闘!! 
孫のために小学校のPTA副会長となった、松平健演じる元仕事人間の主人公・武曾勤が、現役時代には接点のなかったさまざまな人たちと関わり、多様な価値観や人生に触れていくさまを、涙と笑いを交えて描き好評を博した連続ドラマの続編。今作では、新年度を迎え新しい顔ぶれも加わった、勤たち青葉小PTAの奮闘を描く。

頑固で融通が利かないが、あふれる熱意と行動力で周りを動かしていく勤に扮する松平のほか、安達祐実、真飛聖、戸塚純貴、中原丈雄、浅田美代子らが引き続き出演。眞島秀和、夕輝壽太らが演じる新キャラクターとの間に、新たな騒動が巻き起こる。



2018年春、金曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』

kage

2018/05/26 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月21日スタート〈連続6回〉 

NHK総合 毎週土曜 20:15~20:45

 やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる

Arika注目1h神木隆之介がNHKで弁護士役初挑戦!

主演は神木隆之介!弁護士役に初挑戦です。

共演に田辺誠一、岸井ゆきの、濱田マリ、菅原大吉、小堺一機、南果歩らが顔をそろえます。

本作は原作なし。「ラストホープ」で市川森一賞も獲った浜田秀哉オリジナル作品。

弁護士が学校現場の問題と直面するスクールロイヤー制度を題材に描きます。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:浜田秀哉
演出:柳川強、佐々木善春、渡辺哲也
制作統括:松川博敬
プロデューサー:山本晃久
音楽:川村竜

E13-b043.gif
外部サイト:やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
田口章太郎:神木隆之介…スクールロイヤー(学校弁護士)として崩壊寸前の教育現場に立ち向かう新人弁護士。
新人弁護士。ボスの高城に命じられて、青葉第一中学のスクールロイヤーに。

三浦雄二:田辺誠一…青葉第一中学の教務主任。
青葉第一中学の教務主任。生徒や保護者からも信頼が厚い。田口に反発する。

望月詩織:岸井ゆきの…担任を持つ青葉第一中学の教師
青葉第一中学の新人教師。体罰問題で生徒の保護者から抗議される。

駒井朋子:濱田マリ…ベテラン英語教師
青葉第一中学のベテラン教師。職員室などでよくうわさ話をする。

曽根崎啓介:菅原大吉…ベテラン教師
青葉第一中学のベテラン教師。部活の顧問など面倒な仕事を避ける。

倉守賢三:小堺一機…青葉第一中学の校長。ことなかれ主義
青葉第一中学の校長。学校内の問題やクレームを嫌う事なかれ主義者。

高城英子:南果歩…章太郎の所属する弁護士事務所のボス
弁護士事務所のボス。田口を青葉第一中学に派遣した。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
神木隆之介がいじめ、
体罰などの学校問題と法律を武器に格闘する学園ヒューマンドラマ! 

いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラックな労働環境など、崩壊寸前の教育現場に“スクールロイヤー”と呼ばれる学校弁護士が立ち向かう、学園ヒューマンドラマ。主人公の新人弁護士・田口章太郎を神木隆之介が演じる。田口が法律を武器に弁舌をふるい問題と格闘するなかで、教師や生徒と体当たりで向き合い、傷つきながらも成長していくさまを描く。答えのない学校問題を、弁護士はどう解決に導くのかにも注目。田辺誠一、岸井ゆきの、濱田マリ、菅原大吉らが教師役に扮し、小堺一機が校長、南果歩が田口を青葉第一中学に派遣した弁護士事務所のボスを演じる。





2018年春、土曜ドラマ『いつまでも白い羽根』

kage

2018/05/26 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月7日スタート(全8話) 

東海テレビ・フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 いつまでも白い羽根

Arika注目1h新川優愛が看護学校のリアルな現実に凹みつつ成長する物語

4月スタートのオトナの土ドラは、新川優愛主演!

原作は、藤岡陽子作「いつまでも白い羽根」、脚本は「どんど晴れ」「花嫁のれん」の小松江里子!

舞台は看護学校。大学受験に失敗して滑り止めの看護学校にいくことになった主人公(新川優愛)が不器用ながらも看護学習を通して成長していく物語。容赦ない看護学校の実習シーンも見どころです。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:藤岡陽子「いつまでも白い羽根」(光文社文庫)
脚本:小松江里子、泉澤陽子
演出:阿部雄一、谷川功
音楽:まらしぃ
演出:阿部雄一ほか
企画:横田誠(東海テレビ)
プロデューサー:市野直親(東海テレビ)、島崎敏樹・壁谷悌之(泉放送制作)
制作著作:泉放送制作 / 制作:東海テレビ放送

主題歌:一瞬も一生もすべて私なんだ/感覚ピエロ

E13-b043.gif
外部サイト:いつまでも白い羽根

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠木崎家
木崎 信吾:春田純一…失職したあげく部屋に引きこもる瑠美の父。

木崎智子(54):榊原郁恵…瑠美の母。

木崎瑠美(19):新川優愛…大学受験に失敗し、いつ辞めようか迷いながら通う看護学生。
看護専門学校生。大学受験に失敗し、本意ではなかったが滑り止めで受けた学校に通うことに。自分が正しいと思ったことを言わずにはいられない性格。高校時代は友達が少なく、人付き合いも苦手だったので、そんな自分が看護師になれるのかと毎日辞めることばかり考えるが、学校生活を送る中で少しずつ変わっていく。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🏠山田家
山田千夏(19):伊藤沙莉…看護学生。瑠美と看護学校同級生で同班。
瑠美と同じ専門学校生。幼い頃に病気で母を亡くしてから、看護師を目指すようになり、不器用だが一生懸命取り組む。父が経営する飲食店を、妹と一緒に手伝っている。明るく気さくな性格だが、自分の外見に自信がなく、他人に対して思っていることをなかなか言えないところもある。

山田美幸:八木優希…千夏の妹。

山田健司(52):柳沢慎吾…千夏の父で、元自衛隊員。現在、中華料理店店主。
※原作では自衛隊員
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恵林医科大学付属看護専門学校

佐伯典子(35):酒井美紀…看護学生で二児の母。
瑠美、千夏と同じ班に配属

遠野藤香(25):さとうほなみ(ゲスの極み乙女)…看護学生。
美人でクール。瑠美、千夏、佐伯と同じ班。

波多野みどり:宍戸美和公…瑠美たちの担任。

石谷ゆり子:角替和枝…副校長

番匠光太郎 :加藤雅也…瑠美や千夏の通う「恵林医科大学付属看護専門学校」校長。
瑠美たちが通う学校の校長。いつも優しく生徒たちを励まし、生徒の中にはファンも多い。12年前、心臓外科医として執刀した手術中にミスで患者を死なせてしまい、保身のために隠蔽した過去がある。以来、執刀が怖くなり現職に。外科部長の娘と結婚し婿養子だったが、離婚して旧姓に戻っている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日野瞬也(19):瀬戸利樹…大学生・千夏の幼馴染
千夏の高校の同級生。剣道部つながり。

柳田正弘:深澤嵐…瞬也の友人

菱川拓海(27):清原翔…小児科・医師
瑠美の初恋相手。瑠美たちの実習先の病院と同じ系列病院の小児科医。
※原作では医学生

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
新川優愛が看護師の卵に。
毎日を頑張っている人の背中を押す大人の青春ドラマ! 

大学受験に失敗し、仕方なく看護専門学校に通うことになった主人公が、世代を超えた個性あふれる友人たちと出会い、命の限られた患者たちと向き合う中で成長していく姿を描く。

思い描いていたような人生ではなくても、もがきながら懸命に前に進んでいく主人公・木崎瑠美を演じるのは、ドラマ初主演の新川優愛。瑠美の良き友人で看護師を目指す同じ班の山田千夏に伊藤沙莉、生徒に人気だが後ろ暗い過去を持つ校長の番匠光太郎に加藤雅也が扮する。新年度、新しい生活を始める人たちへの応援歌となる、大人の青春ドラマ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ【いつまでも白い羽根】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------
みどころ①:新川優愛がドラマ初主演でナースに!

新川優愛にとって本作がドラマ初主演です。

新川は以下のようにコメントしています。

”人は、生きていると色々な事があり、もちろん楽しいことや嬉しいこともあるけれど、それだけではないと思います。 失敗や挫折を経験してこそ生まれる感情や考え方、そして人との接し方もあると思います。

原作を読み、今回演じさせていただく瑠美も、どこか人生が思い描いていたようにはいかなく、もがき、自分の在り方、存在価値を見つけ出そうとしている印象を受けました。 そんな彼女の考え方や人との接し方、繊細な部分を丁寧に演じていけたらと思います。 スタッフさん、他の出演者の皆さんと素敵な作品にしたいと思います。”

(出典:東海テレビ)


看護学校を舞台に描かれる不器用で真っ直ぐなヒロインの、挫折、夢、恋、友情が描かれる本作。

また看護学校の実習シーンもみどころ。

ナース服姿の新川優愛を見られる点もファン必見!

2018年春、土曜ドラマ『居酒屋ぼったくり』

kage

2018/05/16 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月14日スタート 

BS12 トゥエルビ 毎週土曜 21:00~21:30

 居酒屋ぼったくり

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:秋川滝美「居酒屋 ぼったくり」(アルファポリス)
脚本:阿相クミコ、久万真路
監督:久万真路、岩渕崇

主題歌:実/中村郁実

E13-b043.gif
外部サイト:居酒屋ぼったくり

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
美音 /片山萌美
居酒屋「ぼったくり」の店主。両親が亡くなってから、妹の馨と2人で店を守ってきた。おとなしそうに見えるが、人情に厚く気丈な一面も。

馨 /高月彩良
美音の妹。美音とは対照的に、天真らんまんで楽観的な性格。元気で食いしん坊。

要 /中村優一
雨の日に偶然「ぼったくり」に飛び込み、店の居心地の良さから常連になる謎多き男性。

アキ /福田彩乃
会社員。栄養のバランスをとるためにと、週に何度か「ぼったくり」を訪れる。

リョウ /黒羽麻璃央
サラリーマン。学生時代に運動部に所属していたらしく、旺盛な食欲を持つ。

アキラ /波岡一喜
電気取付工事会社に勤務。過去にやんちゃをしていたために言葉遣いは荒いが、仲間思い。

シンゾウ /イッセー尾形
父の代からの「ぼったくり」の常連。薬局の店主で、酒に造詣が深い。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
大人気グルメ小説を連続ドラマ化。うまい酒とおいしい料理満載の心温まる物語! 
4月から新設されるドラマ枠で、販売部数累計57万部突破の秋川滝美による人気小説シリーズを映像化する。東京の下町にある物騒な名前の居酒屋を舞台に、おいしい料理とうまい酒、店主である姉妹と常連たちとのふれあいを描く。両親亡き後、居酒屋「ぼったくり」の店主を務める美音を、人気グラビアアイドルの片山萌美が、その妹・馨を高月彩良が演じる。美人姉妹を取り巻く魅力あふれる常連には、中村優一、福田彩乃、黒羽麻璃央、波岡一喜、イッセー尾形ら多彩な俳優陣が扮する。



2018年春、連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」

kage

2018/04/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★3月31日スタート(全5話) 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」

Arika注目1h古田新太×松下奈緒のW主演シリーズ第2弾!

元警察官で出版業界メインの調査員・松下奈緒と、偏屈なのが玉に瑕の鬼才漫画編集者・古田新太が謎解きをするミステリー。

伝説の編集長・謎の死の真相は? 脇役も津田寛治、森本レオ、平泉成など実力派の怪しい人面々が揃い踏みで、クオリティの高いミステリーになりそうです!


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:長崎尚志「編集長の条件 ―醍醐真司の博覧推理ファイル―」(新潮社)
脚本:阿相クミコ
監督:三木孝浩
プロデューサー:羽鳥健一、喜多麗子、川田尚広

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
南部正春:岩松了・・・・謎の転落死
伝説の編集者『漫画ブレイブ』前編集長。大手出版社・鳳凰社の漫画雑誌でヒット作を連発し、伝説の編集長となる。定年退職から10年が経ち、想起社の『漫画ブレイブ』で再び編集長の座に。弁が立つ分、酔って相手をこき下ろし、人を不愉快にする天才。

アジマプロ
竹内康介(ライツ部部長):前野朋哉
阿島のファンクラブ出身で昔の漫画にも造詣が深い。小心者で常にオドオドしている。

阿島淑子(アジマプロの社長):真野響子
巨匠の漫画家・阿島文哉の未亡人。3年ぶりに優希に調査を依頼することに。優希のことを「探偵」だと思い込んでいる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓調査依頼↓

水野優希(出版関係の調査員):松下奈緒
EKリサーチ調査員。出版関係をメインに扱う調査会社の契約調査員で、元警察官。漫画に疎いため、醍醐に協力を求める。真面目で正義感は強いが、よくつまづいたり物にぶつかったりするので、けがばかりしている。3年前、醍醐と共に「アジマプロ」に残されていた画稿の謎を解明したことがある。
↑再タッグ↓
醍醐真司(編集長):古田新太
大手出版社「英人社」の敏腕漫画編集者だったが、独立し、今はフリーランスの漫画編集者。逡巡するも「漫画ブレイブ」編集長を引き受ける。漫画のうんちくを語らせたら右に出る者はいないほどで、自分の人生は漫画で救われたと思っている。ジャンクフードに詳しく、食べ物をリスペクトしていて、常に食欲旺盛。優希の調査の手助けをする。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

想起社『漫画ブレイブ』編集部
伊東昇太(アルバイトの編集アシスタント):白石隼也…調査を手伝う!
漫画が好きで編集者を目指しているが、就活に失敗し、想起社でアルバイトとして働いている。典型的な「ゆとり世代」の男子。漫画『ONE PIECE』をこよなく愛している。醍醐からの指示で、醍醐と優希の調査のサポートをすることに。

綿貫義正(正社員):今野浩喜
『オシメ替えたか』『パニック同盟』担当。社長の恩人の孫。編集者の仕事にやる気が感じられず、担当漫画についてもどこか他人事。醍醐に対しても挑戦的な態度を取る。

石田陽一(副編集長、契約社員):田鍋謙一郎
『スナイパー卓』担当。陽気で優しく、ムードメーカー的存在

田村 圭(契約社員):水橋研二
『極(ごく)メン』担当。南部から唯一見込まれていた編集者。

川端哲史(契約社員):橋本一郎
一番人気『パシリ刑事(ポリス)』担当の編集者。前向きで仕事熱心。

武井隼人(正社員):金井勇太
『ライララ商事株式会社』担当の若手編集者。正社員同士でつるみ、契約社員の部員たちとは一線を引いている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

南部正春の関係者
庄野孝之:冨家規政…キウイ社社長、鳳凰社時代の南部の後輩。
南部が就任を固辞したため代わりに編集プロダクション『キウイ社』の社長になった。周囲からは犬猿の仲だと思われていた。南部が生前に「ある願い」を持ちかけた人物。

塚本宗介:橋爪淳…鳳凰社時代の南部の後輩
鳳凰社を定年後、美大の漫画コースで教鞭を取っている。南部とは喧嘩ばかりだったが、尊敬もしていた。南部の編集者としての凄さを理解している。

若松宏:橋本じゅん…漫画家『パシリ刑事』の作者
『漫画ブレイブ』の看板で、最長連載のヒット漫画の作者。南部からは打ち切りを言い渡されていた。

渡辺治子:片岡礼子…南部の愛人
新宿の飲み屋のママ。病気を抱えている。南部が本音を語った数少ない人物。

南部加代子:八木亜希子…南部の妻
南部の定年後に別居。それ以降、ほとんど会っていない。さばさばしているようで情に厚い。南部のことを「豪放磊落だけど小心者。誠実だけど嘘つき」だと語っている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出版社・想起社
小城利勝(二代目社長):平泉成
昔は超ワンマンだったが、今は息子の専務に気を遣っている。部数が激減している『漫画ブレイブ』の編集長に醍醐を誘う。

堀尾 智(広告宣伝部部長):津田寛治
『漫画ブレイブ』の二代前の編集長。部下想いで腰が低い。ヒット漫画『パシリ刑事』を興した。編集長の仕事に挑む醍醐の相談相手でもある。

小城利則(専務):阿部翔平
利勝の息子で次期社長。育ちの良さと傲慢さを持つ。信賞必罰をモットーとする。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優希の家族関係者など
矢島友之:森本レオ…優希の父の同僚、元刑事
定年退職後、兄の経営するスーパーで取締役兼警備主任をつとめていたが、引退している。優希の良き相談相手で、事件に関する情報収集に協力する。

寺田幹男:野間口徹…優希の元夫
優希と別れた後、税理士として独立、現在は再婚に向けて婚活中。実は3年前から醍醐にいいように使われている。

宮脇亜希:吉沢梨絵…優希の姉
優希が母の介護から逃げるために上京したと思い込んでいる。父の死因を巡っても意見が合わず、姉妹関係は悪化したままだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

校条(めんじょう)啓蔵:田中泯…幻の漫画家
戦後姿を消した『幻の漫画家』。画力だけでなく、ストーリーテリングも超一流の力を持つ。波瀾万丈な半生で、南部の死の真相と深い関わりを持つ。

三浦太一:小宮浩信(三四郎)…古書店店主
典型的なオタクで情報通。オタク界隈で有名人である優希に近づく機会が巡ってくる。

???:温水洋一…喫茶店のマスター
醍醐は店にスナック菓子をキープしているが、許可を出した覚えはない。醍醐と優希の会話に耳を傾け、時として調査のヒントとなる一言を放つことがある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松下奈緒と古田新太の異色ミステリー第2弾。謎の漫画から編集長の死の真相に迫る! 
2015年春に同局で放送された異色ミステリー「連続ドラマW 闇の伴走者」の続編。松下奈緒演じる出版関係専門の調査員・水野優希と、古田新太扮する変人漫画編集者・醍醐真司が再びタッグを組み、伝説の編集長の死の謎を追う中で、戦後最大の未解決事件「下山事件」の真相と“謎の漫画”との関係を、サスペンスにあふれつつもユーモラスなやりとりを交えて解明していく。

前作に引き続き、脚本を阿相クミコ、監督を三木孝浩が務める。劇中に登場する漫画雑誌の連載作品や画稿を、森秀樹、田中圭一、土山しげる、そして平松伸二ら超一流の漫画家陣が手掛けている点にも注目。



2018年冬‐春、連続ドラマW「イノセント・デイズ」

kage

2018/04/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★3月18日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW イノセント・デイズ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:早見和真「イノセント・デイズ」(新潮文庫)
脚本:後藤法子
監督:石川慶
プロデューサー:井上衛、橘佑香里、平部隆明

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW イノセント・デイズ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐々木慎一:妻夫木聡
幸乃の幼なじみ。
幸乃に対して、ある負い目を持っている。
幸乃の無実を信じ、彼女を知る人々に会って話を聞いていくうちに、さまざまな人たちの心を動かしていく。

田中幸乃(中学生時代):清原果耶
祖母と共に暮らす。住んでいる場所の地域性もあり、あまり友達がおらず、一人で過ごすことが多い。
↓↓19年後↓↓
田中幸乃:竹内結子
元交際相手の妻子を焼死させたとして、死刑判決を受けた確定死刑囚。
幼い頃に母を亡くし、祖母に引き取られ育つ。
持病のため、興奮すると気を失う。

丹下翔:新井浩文
慎一と幸乃の幼なじみで、弁護士。
幸乃の死刑判決を知り、慎一と共に力になろうとするが、弁護士として名を上げたいという野心も持つ。

佐渡山瞳:芳根京子
刑務官。
拘置所にいる幸乃と接するうちに、幸乃の本当の気持ちや事件の真相を知りたいと思い始める。
裁判の傍聴マニアだった。

🏠田中家
田中美智子:余貴美子
幸乃の祖母であり、ヒカルの母親。男好きでお金に目がない。
ヒカルの死後、幼い幸乃を引き取り育てるが…

野田ヒカル:佐津川愛美
幸乃の母。美智子の元から逃げ結婚して幸せな生活を送っていた。
興奮すると気を失う持病を持っている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小曽根理子:長谷川京子
幸乃の中学時代の同級生。今は絵本の翻訳家。
中学時代のある出来事から幸乃の死刑判決には罪悪感と安堵を同時に感じている。

倉田陽子:ともさかりえ
旧姓、野田陽子。
幸乃の義姉であり、今は結婚して母となり幸せな日々を送っている。
義妹・幸乃の存在は夫にもずっと隠してきた。

井上敬介:池内博之
幸乃の元恋人。幸乃と別れた後、結婚して二児の父親となる。
愛情も暴力もすべてが過剰で、なぜか憎めない男。

八田聡:山中崇
IT系会社員。敬介の紹介で幸乃に出会う。
自分とどこか似た雰囲気を持つ彼女のことが気になる。

佐々木朋子:原日出子
慎一の母親で、二人で暮している。
左半身が上手く動かない。

草部武:石橋蓮司
井上敬介家族が住んでいたアパートの大家
地域の民生委員だが近所からは疎んじられている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
妻夫木聡が自ら企画したドラマで主演。
竹内結子演じる幼なじみの無実を信じ奔走する! 

連続ドラマW初出演にして初主演の妻夫木聡が、死刑判決を受けた幼なじみの女性の無実を信じて奔走し、意外な真実にたどり着く主人公・佐々木慎一を演じるヒューマン・サスペンス。原作は、第68回日本推理作家協会賞・長編及び連作短編集部門受賞作で、作者の早見和真は、妻夫木主演の映画「ぼくたちの家族」の原作者でもあり、監督の石川慶も妻夫木主演映画「愚行録」でタッグを組んだ。原作を読み映像化を強く望んだ妻夫木が、この2人を結び付けた形だ。
共演者には、死刑囚・田中幸乃役に竹内結子、弁護士・丹下翔役に新井浩文、若き刑務官・佐渡山瞳役に芳根京子のほか、余貴美子、石橋蓮司、ともさかりえ、長谷川京子らが名を連ねる。


2018年春、火曜ドラマ『わたしに××しなさい!/兄友』

kage

2018/04/17 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

わたしに××しなさい!
★TBS:2018年3月28日(水)、MBS:2018年3月26日(月)スタート 

TBS:水曜午前1時28分(火曜25時28分)/MBS:月曜午前0時50分(日曜24時50分)


放送局・放送日時:
MBS:3月25日スタート、毎週月曜0時50分(日曜深夜24時50)からの予定
┣ •第1話:3/25(日)深夜1:50~2:20
┣ •第2話:4/ 1(日)深夜0:50~1:20
┣ •第3話・第4話:4/15(日)深夜0:50~1:50※二話連続放送・4/8(日)は休止

TBS:3月27日スタート、毎週水曜1時28分(火曜深夜25時28分)からの予定

*放送時間は変更することがあります。「バツしな」は約15分の放送です。その後「兄友」が続いて放送されます。

・・・・・・・・・・★
兄友
★TBS:2018年3月28日(3月27日深夜)、MBS:2018年3月26日(3月25日深夜)スタート

TBS:水曜1時58分(火曜深夜25時58分)、MBS:月曜1時20分(日曜深夜25時20分)


放送局・放送日時:
•MBS:3月25日深夜スタート、毎週月曜0時50分(日曜深夜24時50)からの「バツしな」の後
•TBS:3月27日深夜スタート、毎週水曜1時28分(火曜深夜25時58分)からの「バツしな」の後

*放送時間は変更することがあります。「兄友」の放送は約15分です。

 わたしに××しなさい!/兄友

Arika注目1h≪わたしに××しなさい!≫
主演・玉城ティナ×小関裕太
ベストセラーコミック「バツしな」を新進女優&イケメン俳優で実写化!


主演:玉城ティナ×小関裕太! 共演に佐藤寛太 (劇団EXILE)、山田杏奈、金子大地ら集結。

第36回講談社漫画賞・児童部門受賞作で、累計200万部超の大ヒットコミックが待望の実写化!

ヒミツのケータイ小説家×学校一のモテ男子=絶対服従ラブ・ミッション!過激な恋愛ドラマの誕生です!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:遠山えま「わたしに××しなさい!」(講談社)
監督・脚本:山本透(『グッモーエビアン!』『猫なんかよんでもこない。』)
脚本:北川亜矢子
主題歌: ポルカドットスティングレイ「ICHIDAIJI」(××ver.)
… Vocal/Guitarの雫による自身初の主題歌書き下ろし曲

映画:2018年6月23日、新宿バルト9ほか全国公開

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ「わたしに××しなさい!/兄友」

----------------------------------------------------------------------------------------
■「わたしに××しなさい!」キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
氷室雪菜/玉城ティナ
現役女子高生。「ユピナ」のペンネームでウェブ小説を書いている。無愛想で目つきが悪く、恋愛には興味がない。恋愛小説執筆のために、“恋愛シミュレーションゲーム”を通して擬似恋愛を体験する。

北見時雨/小関裕太
成績優秀、品行方正、学校一の人気を誇るイケメン生徒会長。絵を描く事やパンを作るのが上手く、器用で几帳面な性格。モテることを利用して女子生徒をゲーム感覚で惚れさせる、女たらし。そのことを雪菜に知られ、彼女の似非恋人になって命令を聞かされる。頭が良くて人を動かす能力に長けているが、雪菜だけは思い通りに動かせない。次第に雪菜のことが気になり始め、彼女を異性として意識する。

霜月 晶/佐藤寛太
雪菜の従弟。雪菜がユピナだと知っている唯一の人。銀髪で前髪が長く、端整な顔立ちである。雪菜とよく一緒におり、彼女のよき理解者。幼稚園の頃から一緒にいる。雪菜のことが好きで、時雨とはお互いライバル関係にある。10年前に両親を亡くしたとき、彼女の言葉と行動に救われた。雪菜と恋人関係にあったが、別れ家族として一番近くで見守っている。

水野 マミ/山田杏奈
時雨の幼馴染。病弱でなかなか学校に来られなかった。表向きはいつも笑顔で礼儀正しいので教師受けが良い。外見も可愛らしく、男子のアイドル的存在。独占欲が強いのか、時雨に依存している様子。時雨に友達として見られていることに、胸を痛めている。雪菜に敵意を抱いているようで、やたらと絡んで小説の構想の邪魔をしている。対人ストレスに弱い。

北見氷雨 /金子大地(第3話 - )
時雨の血のつながらない弟。凶悪。マミに執着!

下仁田 /オラキオ
雪菜の編集者

川渕/高田里穂
氷雨の編集者

ゲームアナウンス(声) : 久保田乃愛

----------------------------------------------------------------------------------------
Arika注目1h≪兄友≫横浜流星×松風理咲のウブなラブストーリー!

主演:横浜流星×松風理咲!兄役に古川毅!

少女コミック誌「花とゆめ」の人気ラブコメをを横浜流星と松風理咲で実写化!

“ウブ”ストーリーで人気の赤瓦もどむの人気コミックがドラマと映画でW実写化!

火曜の深夜は「バツしな」とセットでどうぞ!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:赤瓦もどむ「兄友」(「花とゆめ」連載中・既刊7巻)
監督:中島良(『俺たちの世界』:ぴあ特別審査員賞)
脚本:中川千英子(『ホテルコンシェルジュ』『きょうのキラ君』)
主題歌:「パレット」サイダーガール(UNIVERSAL J)

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ「わたしに××しなさい!/兄友」

----------------------------------------------------------------------------------------
■「兄友」キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
西野壮太 /横浜流星
まいの兄・雪紘の友達の高校生。奥手なイケメンで、“Mキャラ・はにかみ王子。まいの兄・雪紘の友達でこき使われている。優しいけれど、かなり奥手のウブ。まいのことが気になり、やがて恋人になる。

七瀬まい/松風理咲
いまどきの恋愛についていけない女子高生。家事が得意で、所帯じみている。家に遊びに来ていた壮太のことが気になり始め、好きになる。

七瀬雪紘/古川毅…まいのお兄ちゃん。 ドSな暴君。
加賀樹/松岡広大…西野の従弟(いとこ)
西野秋/小野花梨…壮太の妹。

橘萩之介/福山潤・・・原作には登場しない実写オリジナルキャラクター。
テレビドラマの初回初登場。実写映画版にも登場する。秋がアルバイトをするドッグカフェ「Happy Dogs」の店長で、壮太に恋愛講座を繰り広げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
人気少女漫画原作の学園ラブストーリー2作品を実写化! 毎週豪華2本立てで放送! 
同名の人気少女漫画2作品をそれぞれ実写化し、2本立てで放送。

遠山えま原作の「わたしに××しなさい!」は、玉城ティナと小関裕太のダブル主演でおくるラブストーリー。「ユピナ」のペンネームでウェブ小説を書いている現役女子高生・氷室雪菜(玉城)が、恋愛小説執筆のために“恋愛シミュレーションゲーム”を通して擬似恋愛を体験する姿を描く。映画版は6月23日に全国公開が決定している。

・・・・・・・・・・★
赤瓦もどむ原作、横浜流星主演の「兄友」は、いまどきの恋愛についていけない女子高生・七瀬まい(松風理咲)とイケメンなのに奥手な西野壮太(横浜)のウブな恋愛を描くラブコメディー。映画版は2018年初夏に順次全国公開される。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ【わたしに××しなさい!(バツしな)】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------

わたしに××しなさい!(1) (なかよしコミックス)

「なかよし」で連載された遠山えま氏の人気コミックが実写化!

2018年6月23日に公開される映画版に先駆けてのドラマ企画です。

しかもドラマ「兄友」とのセットで放送。(放送時間が続くという意味です)

ファン待望にして必見。フレッシュな若手俳優たちにも注目です。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ【兄友】のみどころ
----------------------------------------------------------------------------------------

兄友 6 (花とゆめCOMICS)

横浜流星×松風理咲のウブなラブストーリーが1番のみどころ。

2人は6巻が発売(2017年9月)された際に、以下のコメントを寄せています。

横浜流星
毎回、奥手な2人に色々な展開が起きますが、今回もどうなるのかとハラハラして読みました!お互い成長してカップルらしくなって、ほっこりしましたし、見守りたくなるなと改めて思いました。2人の今後の行方が気になりますが、秋と雪紘も良い雰囲気なので次の話も楽しみにしています! 壮太


松風理咲
兄友6巻とっても面白かったです✨
西野とまいの一生懸命だけどやっぱり照れちゃうところがすごく可愛いなと思いながら楽しく読めました!
お父さんが携帯も一緒に洗濯しちゃうところとか、まいが好きな動物を豚って答えるところとか、ほんとにすみからすみまで面白くっていっぱい笑えました! まい


原作は、赤瓦もどむによる少女漫画誌「花とゆめ」でのラブコメディ連載作。

赤瓦もどむ(あかがわら もどむ)さんは、2011年ビッグチャレンジ賞準入選&編集長期待賞を受賞し、同年異例の速さ&若さでデビュー。本作は読み切りから人気になり、2015年から本格連載スタートし70万部超のヒット作です。

*ドラマ「兄友」(MBS)は2018年3月25日(TBSは27日)深夜スタートです。